ペット葬儀

亡くなったペットに私たちが最初にしてあげられること

ペットの死後できること

おうちの犬や猫が亡くなった時は、急なことでパニックになってしまう人も多いです。

そのためこの記事では、犬や猫などのペットが亡くなったときに私たちがまず最初にしてあげられることをわかりやすく簡単にご紹介します。

この記事の信頼性

著者(writer):猶原 優

京都大学卒業。ペット葬儀社「お寺のペット葬安穏」の代表としてペット葬儀に携わる。ペットロスケアのカウンセラーとしても活動しており、ご遺族の気持ちに寄り添ったあたたかいサービスを心掛けている。

 

亡くなったペットを安置

犬、猫が亡くなったらまずは安置をしてあげます。適切に安置を行うことで最期まで綺麗な姿を保つことができます。知らないと慌ててしまうこともありますので要チェックです。

 

①身体を適切な姿勢に

ペットの遺体安置の仕方1

犬や猫などの哺乳動物の死後硬直は、

手足→腹部→頭部

の順に早い速度で進んでいきます。

ペットの死後、ご遺体をそのままにしておくと前後の足がピーンと突っ張った状態で固まってしまい、棺や火葬炉に入らなくなってしまう恐れがあります。ペットが亡くなったらまずは、手足を揉みほぐすようにしながら胸の方に折り曲げてあげてください。

 

②安置場所を作る

ペットの遺体安置の仕方2

ご遺体は外気に触れると腐敗が進むため、亡くなったペットの体を毛布やバスタオル等のやわらかい布でつつんであげてください。ペットは死後、筋肉が緩むため口や肛門から体液や便が出てくることがありますので、その都度ガーゼなどで綺麗に拭き取り、下にはペットシート等をしいてあげましょう。

 

③身体を冷やす

ペットの遺体安置の仕方3

ご遺体の腐敗の進行を防ぐために、保冷剤や氷でお腹を中心に背中、頭などを充分に冷やしてあげます。また暑い時期はエアコンを低い温度に設定し部屋全体を涼しくしてあげてください。風に当たると良くないのでエアコンや扇風機の風は直接当たらないように注意しましょう。

 

④身体を綺麗に保つ

ペットの遺体安置の仕方4

湿らせたタオルなどでお体を綺麗に拭いて、優しくまぶたを閉じてあげます。最後にブラッシングなどで毛並みを整えてあげてください。安置後も体液などが出てくることがありますので、その都度拭いてあげましょう。

 

⑤最期の時間をゆっくり過ごす

亡くなったペットが生前好きだったおやつや、お気に入りだったおもちゃを用意しましょう。お水と、ご飯、お花をお供えし、好きだったもので周りをいっぱいにしてあげると良いでしょう。この時に決まったルールはありません。亡くなったペットを思う気持ちを大切に、ご家族にあった形で飾ることがおすすめです。

準備ができたら、ゆっくりと共に過ごした日々を思い出したり、お別れの言葉を伝えたりして、納得のいくまで側にいてあげましょう。気持ちが少し落ち着いたら、生前のお茶目なエピソードを家族と話したりするのも良いかもしれません。

 

自分たちにあった葬送の仕方を選択

少し気持ちが落ち着いたら、どうやって送り出してあげるかを家族で決めましょう。ペットの送り出し方は、火葬または土葬が一般的です。火葬の場合は、信頼できる火葬会社に火葬を依頼すると良いでしょう。また火葬だけでなくお葬式をしてあげることも最近では多くなってきました。これまでの感謝を伝えるなら、心を込めて丁寧にお葬式をすることがおすすめです。

ペット葬儀社の口コミ
参考【口コミ比較】評判の良い京都のペット火葬・葬儀社4選

京都でペット火葬、葬儀を行うペット葬儀社はたくさんあるので、もしもの時にどこにお願いすれば良いか難しいですよね。 そんなお悩みの方に向けて、京都のペット葬儀社のgoogleレビューの「口コミ」を比較し ...

続きを見る

 

犬が亡くなった時に必要な手続き

畜犬登録が済んでいる犬(生後90日以上のほとんど全ての犬)が死んだ場合、犬が死亡してから30日以内に保健所に廃犬届け(はいけんとどけ)を提出し、登録を抹消する必要があります。

この手続きは狂犬病予防法に基づいており、ペットの死後に手続きを行わないと、ワクチン接種の案内や催促のハガキが毎年送られてきます。登録抹消の手続きには、鑑札、及び狂犬病予防注射済証の返却が必要です。自治体によってはインターネットでの電子申請ができるところもあります。

また、血統書登録をしている純潔の犬であった場合、登録されている犬種団体にも死亡連絡が必要です。血統書の裏面に死亡年月日と飼い主の氏名住所を記入し、当該犬種団体に送ります。

 

手続きの仕方がわからない時は、市区町村の自治体の窓口に行けば、手続きのやり方を教えてくれますので

・犬鑑札(楕円形の金属プレート)

・狂犬病予防注射済票(四角い金属プレート)

この二つをもって役所に行けば大丈夫です。

 

まとめ:亡くなったペットに私たちが最初にしてあげられること

突然のことでショックのあまりパニックになってしまい冷静な行動が取れないのは当たり前です。そんな時だからこそ、ゆっくり丁寧に安置をして感謝を伝えてあげることや、必要な事務手続きを慌ただしく行うことで、気持ちも少し楽になるかもしれません。

悲しむのは悪いことではありません。ただあまりに深い悲しみはあなたの身体を壊してしまうかもしれないので、適度に作業を行うことで悲しみを和らげることが大切だと私は考えます。

こちらもCHECK

みんなのペットロスの癒し方【ペット葬儀のプロが紹介】

他の人はどうやってペットロスを乗り越えてるの? ペットロスは病気なの? このような疑問にお答えします。 まず最初に、ペットロスは病気ではありません。「愛する家族が亡くなって、悲しい気持ちになる」という ...

続きを見る

人気の記事

1

「ペット葬ってどんな風にやってもらえるの?」 「もしもの時、どうやって頼めばいいの?」 こういった疑問にお答えしていきます。 目次1 ペット葬儀と火葬1.1 ペット葬儀の流れ1.2 ペット火葬の流れ2 ...

2

他の人はどうやってペットロスを乗り越えてるの? ペットロスは病気なの? このような疑問にお答えします。 まず最初に、ペットロスは病気ではありません。「愛する家族が亡くなって、悲しい気持ちになる」という ...

3

「終活」という言葉を聞いたことはありますか? 終活とは、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。 具体的には、遺言書を書いたり、身の周りの整理をしたり、お墓の準備をしたり…なん ...

4

当然ですが犬や猫も年をとります。 「高齢になったときって、何を気をつければいいのだろう?」 「どんな病気や症状になるのだろう…」 「介護って大変なのかな…?」 って不安に思ってしまいますよね。 この記 ...

京都のお寺の写真 5

「京都でペット葬を依頼するならどこがいい?」 「移動火葬車を使った訪問葬儀が可能な会社はどこ?」 そんなお悩みの方に向けて、京都府で訪問火葬を行ってくれるペット葬のおすすめ業者を紹介します。 ペット葬 ...

-ペット葬儀
-, , ,