ペットロスケア

ペットロスの克服の仕方を分かりやすく説明【学術的な側面から症状や対処法を解説】

ペットが亡くなって辛い、どうしたらいいの?

いずれ来るお別れに耐えられるか心配です

このような疑問、不安にお答えしていきます。

 

長い間ともに暮らしてきた愛するわが子の死はとても辛く悲しいものですよね。

人によっては、その悲しみからうつ病の症状を示すこともあり、最悪の場合、心臓病などの身体的な病気にまで発展してしまうケースもあります。

これを「ペットロス」「ペットロス症候群」と言います。

ペットロスケアに大事なこと

まず最初に結論からお伝えすると、ペットロスケアに最も大事なことは、しっかり悲しむことです。そして亡くなったペットのことを思い、心を込めて供養することです。

悲しみを我慢して自分の気持ちを抑え込んでいると、抑え込まれた感情の反動は、精神や身体に現れます。それは、気分がふさぎ込む、眠れない、食事が取れない等のうつ病のような精神症状を示します。

しっかりと悲しむこと、そして悲しみを他人と共有することで、愛するペットの死を少しずつ受け入れることが大切と言われています。

ペットロスって何?

「ペットロス」とは、「ペットを亡くした経験」それ自体や、そこから来る悲しみのことを言います。程度の差はありますが、通常、ペットを愛する飼い主であれば誰でも経験するものです。

しかし、飼い主の愛の深さや、もともとの気質、悲しみへの対処の仕方によっては、その悲しみが重症化し、心の病や身体的な病気を患う人もいます。これらの症状を「ペットロス症候群」と呼びます。

症状がひどく日常生活に支障をきたす場合は、心療内科などの受診をお勧めします。

ペットロスが起きる心理状況と症状

ここから少し学術的な話を踏まえて詳しく説明します。難しい話もありますのでさらりと読み流しても大丈夫です。

ペットが亡くなった時、私たちは「愛情や依存の対象の死」を経験します。

そしてこの悲しみの感情の高まりが、うつ病の原因となったり、精神十二指腸潰瘍や心臓病などの身体疾患に影響を与えることもあると言われております。

どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?

これは、ペットに対する愛情の気持ちが満たされないためです。そして亡くなったペットと自分との間に何らかの「一体感」を抱いているからです。亡くなったペットが自分の一部であるからこそ、その喪失が深刻な体験となるのです。

ペットが亡くなった後の心理状況

愛する対象を失うと人はまず「情緒危機」を経験します。その後は対象喪失に対する「悲哀の心理」が続きます。

情緒危機

亡くなってすぐに起こり、比較的速やかに回復するものです。ペットの死という大きな衝撃を受けて、感情的に興奮したりパニックを起こし、不安と心細さ、挫折感を体験します。

悲哀の心理

情緒危機が一ヶ月程度で治まった後に始まります。悲哀の心理は、対象への思慕と執着や対象に蘇ってもらいたい気持ち、悔やみ償いの念など、様々な心理が複雑に混ざりながら現れます。

受容の流れ

精神科医のキューブラー・ロスによると、対象の死の受容における心理は以下の①~⑤の流れをたどると言われています。


  • 否認

    対象の死を現実として受け止められず、否定する。


  • 怒り

    対象の死は誰かのせいだと、周囲に怒りを向ける。


  • 取引

    何かと引き換えに、対象を復活させて欲しいと願う

  • 抑うつ

    無気力となり、強い悲しみにひたる

  • 受容

    対象の死を受け入れ、徐々に心を落ち着かせていく

これらの心の流れは、ペットを亡くした時に一般的に生じるものです。悲しみや怒り、ふさぎ込むような感情は決しておかしなことではなく、自然な心の流れなのです。

ペットロスの対処法

ペットロスを癒すには以下の3つが効果的です。これらを無理せずに同時に行うと良いです。

ペットロスを癒す方法

1、悲哀の仕事

2、悲しみの共有

3、絆の継続行為

一つずつ解説していきます。

1、悲哀の仕事

これは、先ほど説明した「ペットを亡くした時の自然な心の流れ」を辿ることです。焦らずに「悲しみを悲しみ、苦痛を苦痛として味わうこと」が唯一の克服方法です。精神分析学者のフロイトはこれを「悲哀の仕事(mourning work)」と呼んでいます。この悲哀の仕事を一つずつ達成することで、ペットの死を少しずつ受け入れることができます。

現実から目を背け、悲哀の仕事を達成せずにいると、その後の生活で亡くなったペットの記憶がトラウマのように蘇り、長い期間苦しむ恐れがあります。

2、悲しみの共有

上記の悲哀の仕事は、悲しみと向き合うものなので辛い営みです。しかし、専門知識を持ったカウンセラーや、自分と同じペットロスを体験した人と話をすることで、心を軽くし、悲しみに耐えることができます。

ペットが亡くなったことの悲しみを他人に打ち明けることで、打ち明けた相手対して、ペットとの関わりを移し、時にその相手とペットを同一視するようになります。そうすることで、相手との関わりにペットとの関わりを再現させ、悲哀の仕事を営むことができるという説もあります。これを「転移の中の悲哀の仕事」と言います。

3、絆の継続

1と2はフロイトの理論を元に、亡くなったペットとの分離を目標にしたモデルですが、近年Klassらによって「Continuing Bond(継続する絆)」という理論が主流になっています。

これは、「死別した人が、故人との愛着を維持し続けていることが多く、それが死別への良い適応に不可欠である。」という考えです。

これをペットロスに置き換えると、亡くなったペットとの決別を無理に目指すのではなく、お仏壇やお墓を置き、お線香を立てたり花や水をやるなどの供養を通して、ペットとの絆をその後も継続していくことが重要ということです。

ペットロスの癒し方まとめ

ペットロスを癒すには以下の3つが効果的です。

ポイント

①しっかりと悲しむ(悲哀の仕事を営む)

②専門家や同じ体験をした人と話す(悲しみの共有)

③お仏壇やお墓のお世話をする(絆の継続)

辛いことではありますが悲しみに向き合っていくことが大切です。

そのためには、ペットが亡くなった際はお葬式をあげ、家族が納得のいくお見送りをしてあげましょう。その後は、ペットの遺骨をお仏壇やお墓に納めて、手を合わせ供養してあげると良いでしょう。自分一人で悲しみに耐えられない時は、専門家や同じ体験をした人に悲しみを打ち明けるのも一つです。焦らずに少しずつペットとの別れを受け入れていくことが大切です。

こちらもCHECK

みんなのペットロスの癒し方【ペット葬儀スタッフがご家族に聞いた】

他の人はどうやってペットロスを乗り越えてるの? ペットロスは病気なの? このような疑問にお答えします。 まず最初に、ペットロスは病気ではありません。「愛する家族が亡くなって、悲しい気持ちになる」という ...

続きを見る

 

参考文献

モイラ・アンダーソン(2001)「ペットロスの心理学」.メディカルサイエンス社

小此木啓吾(2003)「対象喪失 悲しむということ」. 中央公論新社

人気の記事

1

「ペット葬ってどんな風にやってもらえるの?」 「もしもの時、どうやって頼めばいいの?」 こういった疑問にお答えしていきます。 目次1 ペット葬儀と火葬1.1 ペット葬儀の流れ1.2 ペット火葬の流れ2 ...

2

他の人はどうやってペットロスを乗り越えてるの? ペットロスは病気なの? このような疑問にお答えします。 まず最初に、ペットロスは病気ではありません。「愛する家族が亡くなって、悲しい気持ちになる」という ...

3

「終活」という言葉を聞いたことはありますか? 終活とは、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。 具体的には、遺言書を書いたり、身の周りの整理をしたり、お墓の準備をしたり…なん ...

4

当然ですが犬や猫も年をとります。 「高齢になったときって、何を気をつければいいのだろう?」 「どんな病気や症状になるのだろう…」 「介護って大変なのかな…?」 って不安に思ってしまいますよね。 この記 ...

5

「京都でペット葬を依頼するならどこがいい?」 「移動火葬車を使った訪問葬儀が可能な会社はどこ?」 そんなお悩みの方に向けて、京都府で訪問火葬を行ってくれるペット葬のおすすめ業者を紹介します。 ペット葬 ...

-ペットロスケア
-

© 2021 ペット葬儀、ペットロスケア専門サイト|安穏(あんのん)