ペット供養

ペットの供養の仕方を詳しく解説【ペットの仏壇、ペットのお墓】

ペット葬儀の後はどうしてあげればいいの?

ペットにもお仏壇ってあるの?

こういった疑問にお答えします。

ペット供養って何をするの?

一般的にペットの供養は、ご自宅にお仏壇を置いたり、お寺の合同供養墓や納骨堂に納めてもらいます。

自宅ではお仏壇に写真や花を飾ってあげます。骨壷が手元にある方は、一緒に置いてあげましょう。そしてお線香を焚き、おりんを鳴らして、ペットのことを想いながら手を合わせます。

お寺や霊園のお墓や納骨堂に納めている場合は、定期的に実施される法要祭に参加して、そこで手を合わせてあげると良いでしょう。

ペット供養をする理由

仏教の教えでは、生きている私たちが亡くなったペットのことを思い、手を合わせ、祈ることで、ペットが極楽に行く手助けができると言われております。

詳しくはこちら→ペットは死んだらどうなるの?

この世に生まれてきた者は皆、老い、病気になり、死ぬことは避けることができません。どんなに元気だった子もお別れの時は必ずやってきます。

愛するペットの死後、姿かたちは亡くなってしまっても、私たちにできること。それが供養です。供養はペットが亡くなった後のお世話なのです。

生きていた頃は毎日元気に過ごせるよう、ご飯をあげて、お散歩に行って、ベッドを綺麗にしてあげてましたよね。

そして、亡くなったペットが極楽浄土に導かれるよう、お仏壇を備え、お経をたたえ、供養の場を整えることが私たちにできる、これからのお世話です。このお世話を真摯に行うことによりペットは仏様に照らされ、極楽浄土へと往生できると言われております。

また、しっかりお葬式をして、日々の供養をすることで、「きちんとしてあげられた」と思えると、ペットロスを癒すことにもなります。

詳しくはコチラ→ペットロスの克服の仕方

どうやって供養するの?

お仏壇を用意し、生前の写真や、思い出の品を飾って手を合わせる場所を作ってあげましょう。また骨壷が手元にあればお仏壇の中に納めたり隣に置いてあげるといいです。

 

お仏壇に置く仏具にはいろいろ種類がありますのでご紹介いたします。

・線香立て

お線香を手向けるために使います、お線香は亡くなったペットや仏様の食べ物と言われています。お線香の香りが気持ちを落ち着かせてくれますし、その場を清める意味もあります。

 

・ろうそく立て(燭台)

ろうそくの火を灯すために使います。お線香に火をつける時に使うだけでなく、煩悩(苦しみ)に光を当てたり、その場を清める意味もあります。

 

・花立

お花をお供えするために使います。美しいものをお供えし、供養の場を飾ります。生花でも、ブリザードフラワーでも造花でも構いません。ご自分で美しく保てるものを選びましょう。

 

・供養皿(供養台、飯台)

食べ物をお供えするために使います、生前好きだったものや、いつも食べていたご飯をお供えしましょう。

 

・水入れ

お水をお供えするために使います。新鮮な水を用意してあげましょう。

 

・おりん

手を合わせる前に鳴らします。その音色はお浄土にまで届くと言われており、私たちの心にも安らぎを与えてくれます。場を鎮める意味もあり、癒しの効果もあります。

お手入れの仕方

花や水は常に美しい状態を保ってあげましょう。仏具にホコリが付いている時は毛ハタキでホコリを軽く払ってあげましょう。

時折、乾いた布または湿らせた布で優しく拭いてあげると良いです。

ペットの供養まとめ

ポイント

供養はペットの幸せを願うと同時に、自分の気持ちの整理のためでもある。

お仏壇に手を合わせ、水を替えたり、仏壇周りを綺麗に保つことが、これから私たちにできるお世話。

愛するペットの死は辛く悲しいものですが、供養を通してペットの幸せを願い、少しづつ自分の気持ちの整理をしていくと良いでしょう。

こちらもCHECK

火葬後のペットの遺骨、骨壷どうすればいいかまとめ

骨壷をもらったけど、ずっと自宅に置いてていいの? 寂しくないように、なるべくそばに置いておきたい このような疑問や悩みをお持ちの方が多いので、火葬後のペットの骨壷の取り扱い方をまとめました。 目次1 ...

続きを見る

人気の記事

1

「ペット葬ってどんな風にやってもらえるの?」 「もしもの時、どうやって頼めばいいの?」 こういった疑問にお答えしていきます。 目次1 ペット葬儀と火葬1.1 ペット葬儀の流れ1.2 ペット火葬の流れ2 ...

2

他の人はどうやってペットロスを乗り越えてるの? ペットロスは病気なの? このような疑問にお答えします。 まず最初に、ペットロスは病気ではありません。「愛する家族が亡くなって、悲しい気持ちになる」という ...

3

「終活」という言葉を聞いたことはありますか? 終活とは、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。 具体的には、遺言書を書いたり、身の周りの整理をしたり、お墓の準備をしたり…なん ...

4

当然ですが犬や猫も年をとります。 「高齢になったときって、何を気をつければいいのだろう?」 「どんな病気や症状になるのだろう…」 「介護って大変なのかな…?」 って不安に思ってしまいますよね。 この記 ...

5

「京都でペット葬を依頼するならどこがいい?」 「移動火葬車を使った訪問葬儀が可能な会社はどこ?」 そんなお悩みの方に向けて、京都府で訪問火葬を行ってくれるペット葬のおすすめ業者を紹介します。 ペット葬 ...

-ペット供養
-

© 2021 ペット葬儀、ペットロスケア専門サイト|安穏(あんのん)