【京都】ペット火葬の種類や流れ 自宅・寺院で読経を行う安穏では24時間受付対応

【京都】ペット火葬の種類や流れ 自宅・寺院で読経を行う安穏では24時間受付対応

ペットの火葬について

京都でペット火葬を専門業者に依頼する際には、大切なペットと後悔なくお別れするためにも、ペット火葬について前もって知識を深めておくことが重要です。何も知らない状態では、見送る際に思いがけず後悔する可能性もあるでしょう。

こちらでは、ペット火葬の歴史や種類をご紹介いたします。

歴史

history

ペット火葬とは、その名のとおり亡くなったペットを火葬することです。昨今のペットブームもあいまってペット火葬は比較的一般的なものとなりましたが、実はペット火葬の歴史はそこまで古くありません。

亡くなったペットを火葬してしっかりと弔ってあげるという行為は、ここ100年くらいの間で出てきた文化です。一般的に定着しはじめたのはかなり最近のことであり、多くのペット火葬業者が見られるようになってきたのもここ10年くらいのことです。

それまでは、亡くなったペットを供養する際には、火葬は特に行わず、自宅の裏庭や近所の山林などに埋葬するのが一般的でした。

そもそも、ペットを飼うということ自体昔は少なかったため、「いつの間にかいなくなってしまったが、おそらくどこかで死んでしまったのだと思う」という状態も珍しくなかったのです。

しかし、近年ではペットを家族の一員として迎え入れ、家の中で一緒に暮らすということが一般的となってきました。このペット文化の変化に伴い、供養のあり方も変化してきたのです。

家族のように大事にしてきた存在だからこそ、亡くなったときはしっかりと火葬をして、納骨や埋葬を済ませて丁寧にお別れをしたいという考えを持つ方が増えてきました。

ただし、ペット火葬の広まりに伴い、悪質な火葬業者も存在するようになったのも事実です。法外な金額を請求されたり、希望とは違うかたちで火葬されたりするなど、ペット火葬における業者と飼い主とのトラブルが頻発しています。

そのため、大切な家族であるペットとのお別れで後悔しないためには、ペット火葬について正しい知識をつけることが飼い主として重要です。ペット供養に関するサービスは、広まってきたとはいえ比較的新しいものなので、その点を理解したうえで、安心して依頼できる業者を見つけましょう。

種類

type

一口にペット火葬と言っても、火葬のかたちにはいくつかの選択肢があるため、ペット葬儀や火葬を依頼できる会社・業者としっかり相談したうえで火葬方法を選んでいく必要があります。

ペット火葬には、どのような種類があるのでしょうか。詳しく整理していきましょう。

主な火葬の種類としては、以下の3つがあります。

  • 個別立会火葬
  • 一任個別火葬
  • 合同火葬

それぞれのケース別の詳しい特徴は、以下のとおりです。

個別立会火葬

亡くなったペットを個別で、専用の火葬場で火葬します。家族立会いのもとで火葬を行い、お骨上げも家族で行うことができます。大切な家族であるペットを少しでも手厚く弔ってあげたいという方におすすめの方法です。

一任個別火葬

個別で火葬を行うという意味では、個別立会火葬と似ています。しかし、違いとして重要なのは、一任個別火葬では家族の立会いはできないという点です。

一任個別火葬の場合は、業者側に火葬からお骨上げをすべて任せることになるため、立会いは不可となります。遺骨については、火葬後に業者から渡してもらう流れになります。

できるだけ個別で供養してあげたいけれど、費用は少し抑えておきたいといった事情がある場合におすすめの方法です。また、悲しみのあまり火葬に立会うのがつらいという場合にも、一任個別火葬はよく選ばれています。

合同火葬

合同火葬は、亡くなったペットの火葬をほかの家のペットと合同で行う火葬のかたちです。そのため火葬、お骨上げへの立会いはできず、基本的にすべてを業者に任せるのが特徴です。

遺骨についても個別で渡されることはなく、火葬後は合同墓で供養されます。ペット火葬への立会いがつらくてできないとき、供養の費用をできる限り抑えたいときに選ばれることが多いです。

これらの火葬の種類やプランの名前などは、業者によって異なる場合も少なくありません。そのため、一般的にはこのような種類の火葬方法があることを把握しておき、業者に依頼する際には一つひとつのプランを詳しくチェックするようにしましょう。

ペット火葬の流れ

ペット火葬はどのような流れで行われるのでしょうか。具体的な流れや特徴については、大事なペットを火葬する前にしっかりと見ておきたいところです。

また、葬儀や火葬の際には、あらかじめ準備しておくべきことなどもあります。後悔しないためにも、火葬(葬儀)全体の流れや前もって準備しておくことは必ず確認しておきましょう。

こちらでは、ペット火葬の流れや事前に準備しておきたいことについてご紹介いたします。

どのような流れで行うのか

kind of flow

ペット火葬を執り行う際には、亡くなってから以下の流れで火葬をすることになります。

霊園型の火葬の流れ

1.業者に問い合わせをする

まずはペットが亡くなった段階で、葬儀や火葬を行ってくれる業者に電話やメールなどで問い合わせをします。その際にどんなプランで火葬するか相談し、火葬の予約を行います。

2.霊園や火葬場などに訪問する

予約した日時に、実際に火葬を行う霊園や火葬場に足を運びます。このとき、業者によっては車でのお迎えサービスを受け付けてくれることもあります。

3.納棺を済ませる

家族立会いのもと、納棺を済ませます。このとき、一緒に火葬してあげたいものを棺に入れることも可能です。

4.お別れ

業者によってはオプションで葬儀やお別れセレモニーを用意しているところもありますが、最後のお別れとしてお線香をあげる程度が一般的です。

しかし安穏では、ご家族様が大切なペットを悔いなくお見送りできるよう、心を込めて僧侶による葬儀を執り行います。

5.希望するかたちで火葬を済ませる

個別立会火葬、一任個別火葬、合同火葬などの火葬の種類の中から希望するかたちを選び、ペットの火葬を行います。

安穏では、僧侶による読経も行います。

6.遺骨の受け取りや合同墓への埋葬

その後は、火葬のかたちに合わせてペットの遺骨を受け取るか、もしくは合同墓への供養となります。遺骨を受け取った後はしばらく自宅などで手元供養をしたり、納骨堂に納骨したりするなど、自由にお別れのかたちを選ぶことが可能です。

訪問型の火葬の流れ

1.業者に問い合わせをする

まずは、火葬プランや訪問日時、料金について業者に問い合わせましょう。火葬の際のご希望などがあれば、お気軽にご相談ください。

2.お別れ

業者によって、車内に祭壇を設けたり、訪問後すぐに火葬を行ったりと様々ですが、安穏ではご自宅内にて祭壇を設け、僧侶が読経を行います。ご家族様にご焼香をしていただき、最後のお別れをいたします。

3.専用車にて火葬

ご自宅の駐車車、または少し離れた場所で火葬を行います。火葬の立会いが可能かどうかは業者によって異なりますが、安穏ではご家族様立会いの下で火葬を行います。

4.お骨上げ

ご家族様にお骨上げをしていただき、骨壷に納めお返しいたします。

事前に準備したほうがいいこと

advance

ペットとのお別れのときは、あるとき突然訪れます。病気を患っていて、近いうちにお別れのときがくるかもしれない、とある程度覚悟していたとしても、いざそのときが来るとなかなか事実を受け止めきれないことも少なくありません。

大切な家族として色濃く接していた場合は、特にペットが亡くなったことを受け入れるのに時間がかかるでしょう。そのため事前準備が上手くできずに、結果として葬儀や火葬の際に後悔を感じることになる方もいらっしゃいます。

実際に、ペットの葬儀について事前に準備をしっかりと行っていなかったというケースはたくさんあるので注意が必要です。

事前準備として何よりも大事にしたいのは、とにかくペット葬儀に関する知識をつけることです。また、葬儀を執り行ってくれる業者で、より信頼がおける業者を調べておくことも重要となります。

ペット葬儀の際につけておきたい知識は様々

前もって身につけておきたい知識は、非常に多岐にわたります。ご紹介してきたような火葬の方法にはじまり、葬儀のかたち(読経の有無など)、葬儀を執り行う場所、火葬後に遺骨はどうするのかということまで、家族として知っておきたいことは非常に多いです。

また、葬儀にどれだけの費用をかけられるのか、お金のことも前もって考えておくことは大切です。ペットの葬儀にどれだけの費用をかけられるのかは家庭によって様々ですが、平均的に多いのは1万~5万円の費用目安です。そのうえで選ぶべきプラン・サービスを知っておくことは重要となります。

ペット火葬の業者を選ぶポイント

家族としては手厚く見送ってあげたいと思っていたのに、結果として簡易的な葬儀しか行ってもらえず、後になって後悔するのは避けたいところです。

ペット火葬の業者について詳しく調べる際に重視すべきポイントは、主に以下のとおりです。

  • 火葬や各種サービスの内容
  • 費用
  • 口コミや評判
  • 説明のわかりやすさ

ペット葬儀社を探す場合は、このような点に納得できるかが重要となります。安心してお別れを済ませられるよう、業者の情報収集も事前準備として忘れないようにしておきましょう。

安穏は24時間受付対応 自宅・寺院で読経を行います

ペットを火葬する際には、ペットの供養にはどのような歴史があり、火葬の種類として選択肢はどのようなものがあるのか、あらかじめ整理しておくことが大切です。大切な家族であるペットとのお別れで後悔しないためには、事前に知識をつけておくこと、情報を集めておくことが重要となります。

安穏では、寺院葬と自宅葬の2つのお葬式をご用意しております。寺院葬は、提携する「鹿倉山 成満寺」または「桃源山 明覺寺」にお越しいただき、本堂にて僧侶が葬儀を執り行います。寺院の厳格な雰囲気の中で葬儀を執り行うことができるのが、寺院葬の特徴です。

一方で自宅葬は、火葬ができる専用車にてご自宅にお伺いし、ご自宅内に祭壇を設けて、歴史ある寺院の僧侶が葬儀を執り行います。思い出がつまったご自宅で最期の時間を過ごすことができるのが、自宅葬の特徴です。

寺院葬・自宅葬どちらも、読経から立会い火葬、お骨上げまで全て含んだ葬儀内容となっております。重量や大きさによる追加料金は一切ございません。

24時間受付対応しておりますので、京都で寺院またはご自宅にてペット火葬をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

24時間受付対応!京都でペットの火葬・読経なら安穏

会社名 株式会社PET
サイト名 安穏(あんのん)
代表者 猶原優
住所 〒603-8404 京都府京都市北区大宮中林町16
電話番号 0120-574-651
メールアドレス info@annonpet.com
URL https://annonpet.com/

© 2021 ペット葬儀、ペットロスケア専門サイト|安穏(あんのん)