【京都】ペット葬式をお考えの方へ祭壇前に置くお悔やみの花や納骨の考え方についてご紹介

【京都】ペット葬式をお考えの方へ祭壇前に置くお悔やみの花や納骨の考え方についてご紹介

祭壇前に置くお悔やみの花について

ペット葬式で祭壇を用意する際、どんな花を置くのが望ましいのか気になるところです。大切なペットとのお別れの時間ですから、お悔やみのマナーに沿った花を用意したいという方は多いでしょう。

こちらでは、ペット葬式の祭壇前に置く花についてご紹介いたします。

お悔やみの花を選ぶときのポイント

Key points

ペットのためのお葬式において、結論から言うと「この花にすべき」という種類の決まりやマナーは特にありません。人間のお葬式の場合は胡蝶蘭や菊などの白い花が供花として選ばれる傾向にあり、派手な色の花は避けられることが多いですが、ペットの場合はそこまでマナーは重視されていないのです。

そのため、ペット葬式の祭壇の花や、棺の中に入れてあげる花としては、大事なペットをイメージするようなものを選んだり、淡くて優しい印象のある色のものを選んだりすることが近年では一般的となっています。

例えば、生前とても明るくいたずら好きだった可愛いペットを見送るなら、黄色や淡いオレンジなどのお花を選んであげると、大切だったペットの面影を感じながらお別れのときを過ごすことができるのではないでしょうか。

その他に、老犬でいつものんびりとしていた子には淡い水色や白色のお花が合うかもしれません。

しかし、やはりマナーというよりは暗黙の了解的に、お葬式というイメージに合わない花は選ばれにくい傾向にあります。例えばトゲのあるバラは、「ペットにトゲが当たってしまいそう」という印象からあまりイメージはよくありません。

そのためバラを祭壇に飾りたいときや棺の中に入れたいときは、お花屋さんにトゲを取ってもらうのがおすすめです。

おすすめのお悔やみの花

condolence flowers

こちらでは、ペット葬式におすすめの花をご紹介いたします。ペットを見送るときのお花選びに困ったときは、以下をぜひ参考にしてみてください。

ひまわり

明るい雰囲気のあるひまわりは、元気で明るいペットのイメージにぴったりです。花言葉は「あなただけを見つめる」なので、祭壇や棺に飾れば、その愛情もペットにしっかり伝わるのではないでしょうか。

チューリップ

可愛らしいカラーの多いチューリップも、ペット葬式の花としておすすめです。淡いカラーのチューリップは特に選びやすいでしょう。花言葉は「思いやり」です。

カーネーション

カーネーションと言えば母の日のイメージですが、ペットのお悔やみ用の花としても選ばれやすいのが特徴です。淡いカラーが多いため、祭壇や棺の中がとても優しい印象になります。花言葉は、「無垢で深い愛」です。

胡蝶蘭

胡蝶蘭は人間のお葬式の供花としてもよく選ばれるため、同じように白い胡蝶蘭をペット葬式用に選ぶ方も多いです。また、胡蝶蘭には淡いピンクや黄色、水色のものなどもあるため、ペット葬式の祭壇に飾る花として白以外の色もおすすめです。

カスミソウ

白くてはかないイメージのあるカスミソウには、「無垢の愛」「感謝」「幸福」などの花言葉があります。大切なペットへ、「あなたと一緒に過ごせて幸せだったよ。ありがとう」とお別れの際に伝える花としてはぴったりでしょう。

スイートピー

スイートピーは香りがとてもよいため、悲しみに包まれているお葬式の空気もきっと温かい雰囲気にしてくれることでしょう。花言葉は「門出」「優しい思い出」などがあります。

マーガレット

淡いピンクや白などの花びらが可愛らしいマーガレットも、ペットのお悔やみの花としてとてもおすすめです。マーガレットには「優しい思い出」という花言葉もありますが、他には「私を忘れないで」という花言葉もあるため、家族の一員として大切にしてきたペットとのお別れのときにはぴったりです。

納骨の考え方と依頼する業者の比較

大切なペットとのお別れの時間を過ごすため、ペットのお葬式を執り行ってくれる業者はしっかりと選んでおきたいところです。近年はペット葬儀専門業者も増え、様々なサービスが展開されていますが、だからこそ自分たちに合った業者選びは重要だと言えるでしょう。

こちらでは、民間・役所葬儀業者の違いについて解説し、火葬後の遺骨はどうすべきかという点についてご紹介いたします。

役所・民間葬儀業者の違い

Differences

ペットの火葬・葬儀を依頼できる業者には、役所・民間があります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。後悔しないために知っておきたいポイントとして、まずは両者の違いを比較してみましょう。

役所

ペットが亡くなったときは、自治体でも引き取りを引き受けてもらうことができます。引き取られたペットの遺体は、多くの場合役所が提携している業者のもとで火葬されるため、基本的に返骨されることはありません。ただし、自治体によっては例外もあり、返骨の対応を行ってくれるところも中にはあります。

自治体の役所の場合、民間の業者と違ってどのようなかたちで火葬を行うのかについて、詳細を明らかにしてくれない場合が少なくありません。格安の費用で引き取ってもらえる分、サービスのよさにはあまり期待できないのがネックに感じられるでしょう。

また、あくまで対応してもらえるのは火葬なので、基本的に葬儀は執り行ってもらえません。

民間の業者

これに対して、民間の業者の場合、ペットのお葬式や火葬に関して様々なプランを用意したうえで、丁寧に対応を行ってくれることが多いのが特徴です。

そのため、ペットとのお別れの時間を大切にしたい場合は、役所に依頼するよりも民間の業者への依頼を考えたほうがよいと言えるでしょう。もちろんその分費用は数万円程度かかることもありますが、ペットや飼い主に対してより配慮のある対応を行ってもらえるという点で大きなメリットがあります。

民間の業者を選ぶときは

しかし民間の業者ならどんな業者でも安心できるのかというと、そうでもない部分があるのも事実です。近年は格安で葬儀や火葬を受け付けてくれる分、対応に少々問題のある悪質な業者も増えており、業者を選ぶ際には事前にプラン内容や評判などを詳しく調べることが大切です。

ペットの遺骨は自宅に置いておいていいの?

remains at home

火葬したペットの遺骨を返骨してもらった場合、その後は遺骨を自宅の仏壇などにしばらく置いておく方も少なくありません。お墓や納骨堂に納骨してしまえば、大切なペットをそばに感じられなくなってしまう、もしくは引っ越しが多いため埋葬するのは難しいなど、遺骨を自宅に残しておく理由は家庭によって様々です。

ペットの手元供養は一切問題なし

そもそもすぐに納骨しなくていいの?と思う方も多いかもしれません。

遺骨の入った骨壺などを家に置いておくことを手元供養と言い、手元供養は基本的に何も問題はありません。

そのため、いつまでもそばに存在を感じていたいなどの思いがある場合は、遺骨を自宅に安置しておくのもいいでしょう。ちなみに家に安置しておく期間に制限もありません。

決まった供養の方法はないからこそ話し合いが大事

遺骨をどう扱うべきかという問題はとてもデリケートな問題なので、家族で事前によく話し合っておきましょう。遺骨をそのまま安置しておくことには、「来客時に人目が気になる」「思い出してしまうからつらい」といった意見を持つ方もいます。手元供養をしたいときは、家族全員の意見を合わせることが重要です。

骨壺はどのように保管すべきか

骨壺には湿気がたまるせいで、場合によってはカビが生えてしまうこともあります。そのため、キッチンなどの水回りの近くには骨壺を置かないように配慮しましょう。また、気にならなければ、吸湿剤を骨壺の中に入れておくという方法もあります。

長期的に骨壺を安置する場合は、途中で別の骨壺に移し替えたりすることも検討しましょう。また、近年はペットの遺骨をパウダー加工してペンダントに入れるなど、様々な手元供養のかたちが広まってきています。

納骨せずにそのまま遺骨を置いておきたいときは、手元供養のかたちや骨壺の保管方法はしっかりとチェックしておきましょう。

納骨の考え方や祭壇にぴったりの花を調べておこう

ペット葬式における花の種類や遺骨の安置方法については、比較的自由度が高いのが特徴です。ペット葬式を執り行う際には、どのような業者に相談すべきか考えたうえで、葬式の際に用意する祭壇の花や納骨の考え方なども調べておきましょう。

京都でペット葬式をお考えの際には、ゆっくりとお別れのときと向き合える自宅葬・寺院葬が可能な安穏へお気軽にご相談ください。ご遺骨ペンダントなどのメモリアルグッズも豊富にご用意しております。歴史ある寺院の僧侶による心を込めた丁寧な葬儀を行いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

京都でペットのお葬式・納骨・祭壇選びのご相談なら安穏

会社名 株式会社PET
サイト名 安穏(あんのん)
代表者 猶原優
住所 〒603-8404 京都府京都市北区大宮中林町16
電話番号 0120-574-651
メールアドレス info@annonpet.com
URL https://annonpet.com/

© 2021 ペット葬儀、ペットロスケア専門サイト|安穏(あんのん)